税務調査の対象と成る事業者について|愛知県名古屋市を中心とした地域の方で記帳に関するお悩みをお持ちの方は記帳代行サービスセンターへご相談ください!

メールでのお問い合わせ

コラム

税務調査の対象と成る事業者について

 税務調査は、事業者に対して定期的に行われます。

いつどの様な事業者が税務調査の対象になるのかは、明らかにされていませんが、不明な税務j申告書を税務署に提出する事で税務調査の対象となることがあります。

 つまり、国税局には、あらゆる業種や規模の申告情報が保管されています。事業者が税務申告書を提出すると、その保管された情報と比較して不自然な相違がないかを確認します。従って、申告書に誤りがあったり、同種同規模の事業者と違いがある場合には、その違いの理由を明らかにしておかないと税務調査の対象となる事があります。

 無駄な調査の対象とならないためにも税務申告書は、適正に作成する必要があります。

メールでのお問い合わせ