発生主義会計と現金主義会計|愛知県名古屋市を中心とした地域の方で記帳に関するお悩みをお持ちの方は記帳代行サービスセンターへご相談ください!

メールでのお問い合わせ

コラム

発生主義会計と現金主義会計

 発生主義会計と現金主義会計ですが、いずれも費用と収益をいつ認識するのか?という会計を行う上での考え方になります。

 そして、現在の企業会計では、基本的には発生主義会計に基づき経理が行われています。

 

発生主義会計

 発生主義会計とは、費用・収益の認識を現金収支という事実にとらわれることなく、合理的な期間帰属を通じて期間業績を反映させる損益計算の方式です。

→企業の正確な期間損益計算を行うことができる。

 

現金主義会計

 現金主義会計とは、費用・収益の認識を現金の収支という事実に基づいて認識する損益計算の方式です。

→客観性の高い期間損益計算を行うことを可能にするといえますが、期末在庫や固定設備さらには掛け売上・掛け仕入等が、全く行われていない場合でないと正確な期間損益計算を行うことができません。

 

 

メールでのお問い合わせ