所得税 専従者給与と専従者控除|愛知県名古屋市を中心とした地域の方で記帳に関するお悩みをお持ちの方は記帳代行サービスセンターへご相談ください!

メールでのお問い合わせ

コラム

所得税 専従者給与と専従者控除

1.概要

 生計を一にしている配偶者その他の親族が納税者の経営する事業に従事している場合に、納税者がこれらの人に給与を支払うことがありますが、これらの給与は原則として必要経費になりません。しかし、次のような特例が認められています。

(1)青色申告者の場合 一定の要件の下に実際に支払った給与の額を必要経費とする青色事業専従者給与の特例

(2)白色申告者の場合 事業者に専ら従事する家族従業員の数、配偶者かその他の親族かの他、所得金額に応じて計算される金額を必要経費とみなす事業専従者控除の特例

2.青色申告者の場合

 青色事業専従者給与として認められる要件

(1)青色事業専従者に支払われた給与であること。

(2)青色事業専従者給与に関する届出書を提出していること。

(3)届出書に記載されている方法により支払われ、しかもその記載されている金額の範囲内で支払われたものであること。

(4)青色事業専従者給与の額は、労働の対価として相当であると認められる金額であること。

3.白色申告者の場合

 事業専従者控除額は、次のイ又はロの金額のどちらか低い金額

イ 事業専従者が事業主の配偶者であれば86万円、配偶者でなければ専従者一人につき50万円

ロ この控除をする前の事業所得等の金額を専従者の数に1を足した数で割った金額

 白色事業専従者控除を受けるための要件

(1)白色申告者の営む事業に事業専従者がいること

(2)確定申告書にこの控除を受ける旨やその金額など必要な事項を記載すること

 

(国税庁ホームページタックスアンサー 参照)

メールでのお問い合わせ