法人税 交際費等と寄附金の区別|愛知県名古屋市を中心とした地域の方で記帳に関するお悩みをお持ちの方は記帳代行サービスセンターへご相談ください!

メールでのお問い合わせ

コラム

法人税 交際費等と寄附金の区別

・交際費等

 法人がその得意先、仕入先その他事業に関係のある者に対する接待、供応、慰安、贈答その他これらに類する行為のために支出するものをいう。(措法61の4)

・寄附金

 金銭や物品、その他経済的な利益の贈与又は無償の供与をいう。ただし、これらの名義の支出であっても交際費等は寄附金から除かれる。(法37)

 したがって、金銭や物品などを贈与した場合、それが交際費等となるのか寄附金となるのかは、個々の実態により判定する必要があります。ただし、次のようなものは原則として寄附金になります。

(1)社会事業団体、政治団体に対する拠金

(2)神社の祭礼等の寄贈金

(措通61の4(1)-2)

 

 

 

 

 

 

 

メールでのお問い合わせ